#0063 99/08/30 かわ田

    <ins class="adsbygoogle"
        style="display:inline-block;width:728px;height:15px"
        data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"
        data-ad-slot="4242618845"></ins>
    <script>
        (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
    </script>
</div>

-->

    <ins class="adsbygoogle"
         style="display:inline-block;width:468px;height:15px"
         data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"
         data-ad-slot="7196085249"></ins>
    <script>
        (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
    </script>
</div>

-->

    <script async="" src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
    <ins class="adsbygoogle" style="display:inline-block;width:320px;height:100px" data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"  data-ad-slot="6025544042"></ins>
    <script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});</script>
</div>

-->



概要

店名 炭火焼き「かわ田」 (旧・居酒屋「壱番鶏」)
番組サブタイトル 5男4女”子だくさん居酒屋 究極のやきとりに親父が燃えた
場所 放映当時 鳥取県米子市明治町215
2002年 米子市東町219共同ビル1F
達人 炭火焼「名舌亭」・金子学
修行メニュー 備長炭で焼く焼き鳥 130円~ やきとり丼 700円 あじのたたき 時価
レポーター 不明
ナレーター 乱 一世
ゲスト 生田悦子、柿澤弘治、鈴木早智子
作戦
作戦1 「勝気」を持って「活気」のある店へ変わる。店主の「いきおい」で客を呼ぶ意識革命。「子作り」に出した精を「店作り」に活かす。

作戦2 父子「2人の料理人」がいる「最強の居酒屋」を目指す。父は「焼き物」に専念する。息子は「魚さばき」を死守する。

作戦3 居酒屋の生命線「至高の焼き鳥」を学ぶ。外はカリッと、肉はミディアムに焼く「かえし」の極意を知る。ボリューム満点「焼き鳥丼」で昼に殴り込みをかける 。

現状 閉店

貧乏状況

修行経験ないのに脱サラして店を開く、お決まりの貧乏コース。9人の子供を養えると思ったのだろうか。

月の収入 売上げ100万円

月の支出 仕入れ50万円

光熱費15万円

店家賃25万円

返済30万円

合計120万円

月の赤字  20万円

借金総額  500万円

店主

達人

スタジオ展開

その後のお店

一日平均売上げ7万円(集客70人)


【広告】
明里つむぎ 夕美しおん


【こちらの記事もどうぞ】