#0066 99/09/20 銀座

    <ins class="adsbygoogle"
        style="display:inline-block;width:728px;height:15px"
        data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"
        data-ad-slot="4242618845"></ins>
    <script>
        (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
    </script>
</div>

-->

    <ins class="adsbygoogle"
         style="display:inline-block;width:468px;height:15px"
         data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"
         data-ad-slot="7196085249"></ins>
    <script>
        (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
    </script>
</div>

-->

    <script async="" src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
    <ins class="adsbygoogle" style="display:inline-block;width:320px;height:100px" data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"  data-ad-slot="6025544042"></ins>
    <script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});</script>
</div>

-->

概要

店名 沖縄料理「銀座」
番組サブタイトル 沖縄料理で再起
場所 大阪府大正区南恩加島1-4-10
達人 沖縄「与那原源」金城賢廣、石垣島「かみやーき小(グワー)」大城俊子
修行メニュー 沖縄そば 600円 ソーキそば 700円
レポーター 不明
ナレーター 乱 一世
ゲスト 梅宮辰夫、藤森夕子、小林幸子
作戦
作戦1.激戦区で「イチ押し」の名店にのし上がる。
「インスタントで商売が成り立つ」という甘い考えは二度と持たない。
「再起を夫婦二人三脚で」妻は料理、夫は客をもてなす。
作戦2.両親の故郷、沖縄に本物の味を探す。
「1日1200人の胃袋を満たす」究極の技を学ぶ。
「医食同源」長寿の食文化に触れる。
作戦3.沖縄庶民が一日一食は食べると言われる「沖縄そば」に絞る。
「とんこつとカツオ」が生み出す魅惑の透明スープをモノにする。
ご主人自らが練り上げた「絶品の具」を添える。

現状 遅くとも2005年7月には既に閉店

貧乏状況

月の収入 売上げ30万円

月の赤字  30万円

借金総額  500万円

店主

客の入らないお店で飲んだくれている旦那。

達人

奥さんは、「与那原源」で沖縄そば修行

旦那さんは石垣島のかまぼこ店「かみやーき小(グワー)」でかまぼこ修行

スタジオ展開

その後のお店

今でこそ沖縄料理はメジャーになりましたが当時はまだまだ珍しかったと思います。ただ大阪のこの地域は、歴史的に沖縄出身の人が多い地域です。地元を商売にするなら、さらなるレベルアップが必要だったでしょうし、なにより踊れる場所が無い狭さが致命的でした。 実際に行ってきましたが、小さなお店でした。すこーしトイレの匂いが漂っていた記憶があります。


【広告】
明里つむぎ 夕美しおん


【こちらの記事もどうぞ】