#0067 99/09/27 きよなが

    <ins class="adsbygoogle"
        style="display:inline-block;width:728px;height:15px"
        data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"
        data-ad-slot="4242618845"></ins>
    <script>
        (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
    </script>
</div>

-->

    <ins class="adsbygoogle"
         style="display:inline-block;width:468px;height:15px"
         data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"
         data-ad-slot="7196085249"></ins>
    <script>
        (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
    </script>
</div>

-->

    <script async="" src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
    <ins class="adsbygoogle" style="display:inline-block;width:320px;height:100px" data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"  data-ad-slot="6025544042"></ins>
    <script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});</script>
</div>

-->

概要

店名 家庭料理「きよなが」
番組サブタイトル 天国の夫よ、見守って…“肝っ玉母ちゃん”
場所 群馬県太田市東本町34-8
達人 六本木・おばんざい「かわにし」川西ふみ子
修行メニュー 日替り松花弁当(昼のみ) 620円 大皿料理各種(小皿にて) うの花・高野豆腐 各200円 季節野菜の揚げ煮・肉ジャガ・茄子にしん 各300円 鯖の生姜焼 350円
ナレーター 乱 一世
ゲスト 不明
作戦
作戦1、“おふくろの味”が宿る“京のお番菜”に全てを託す。
“野菜の煮炊き”が中心のシンプルな手順に絞る。
“主婦の料理”をベースに“お金の取れる料理”へ昇華させる。
作戦2、主婦の使う“基本6調味料”を自在に操る。
“だし汁”に生命を吹き込む“舌の”大切さを知る。
“微妙なバランス”の上に立つ京だしの“さじ加減”を叩き込む。
作戦3、作り置きが可能な“大皿料理”を主役に裾える。
客が選択出来る“6種類の種類”を覚える。
“小さな店”を逆手に、“家庭感覚”のホッとした空間を売りにする。
現状 おそらく閉店。2002/11頃までは営業していた様子。
営業はしていないが、2017年のGoogle Street Viewではまだ看板が残っている。

貧乏状況

月の収入 売上げ18万円

月の赤字  6万円

店主

達人

スタジオ展開

その後のお店


【広告】
明里つむぎ 夕美しおん


【こちらの記事もどうぞ】