#0076 99/12/06 上海飯店

    <ins class="adsbygoogle"
        style="display:inline-block;width:728px;height:15px"
        data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"
        data-ad-slot="4242618845"></ins>
    <script>
        (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
    </script>
</div>

-->

    <ins class="adsbygoogle"
         style="display:inline-block;width:468px;height:15px"
         data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"
         data-ad-slot="7196085249"></ins>
    <script>
        (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
    </script>
</div>

-->

    <script async="" src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
    <ins class="adsbygoogle" style="display:inline-block;width:320px;height:100px" data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"  data-ad-slot="6025544042"></ins>
    <script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});</script>
</div>

-->

店名 上海飯店
番組サブタイトル 七つの不運に見舞われて…もうイヤだ 中華料理店主の嘆き
場所 東京都世田谷区松原2-34-12
達人 横浜市中華街「均元樓」山本猛
修行メニュー 上海飯店特製おこげ 980円 上海飯店特製やきそば 850円
レポーター 不明
ナレーター 乱 一世
ゲスト 萩原流行、松岡きっこ、石野真子
作戦 作戦① 父の“遺志”を継ぐ“誇りある主人”に変わる。 “独り善がり”と“言い訳”が効かない世界へ放り込む。 “テクニック”では作れない“精神で作る”料理を知る。 作戦② “中華四大料理”の雄“上海料理”味の2本柱を学ぶ。 “四季の素材”を活かすための“淡泊な”味付けとは。 “米飯”に合わせるための“濃厚な”味付けとは。 作戦③ “高級感”があふれ、かつ“庶民の味”大切にする名物料理を作る。 “隣のテーブル”が気になる“色・音・香り”の三拍子を切り札にする。 上海料理“味の2本柱”両方のポイントをミックスする。
現状 閉店

放送

貧乏状況

月の収入 売上げ40万円

月の支出

仕入れ12万円

光熱費10万円

家賃23万円(店・自宅)

返済10万円     合計55万円

月の赤字  15万円

店主

達人

スタジオ展開

その後のお店


【広告】
明里つむぎ 夕美しおん


【こちらの記事もどうぞ】