#0077 99/12/13 味屋

    <ins class="adsbygoogle"
        style="display:inline-block;width:728px;height:15px"
        data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"
        data-ad-slot="4242618845"></ins>
    <script>
        (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
    </script>
</div>

-->

    <ins class="adsbygoogle"
         style="display:inline-block;width:468px;height:15px"
         data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"
         data-ad-slot="7196085249"></ins>
    <script>
        (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
    </script>
</div>

-->

    <script async="" src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
    <ins class="adsbygoogle" style="display:inline-block;width:320px;height:100px" data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"  data-ad-slot="6025544042"></ins>
    <script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});</script>
</div>

-->

店名 牛丼「味屋」 (旧店名 居酒屋AJA)
番組サブタイトル 走らぬバスで走らぬ経営 元トラック母ちゃんの挑戦
場所 埼玉県北本市古市場2-164
達人 「浅草今半」・佐藤哲也
修行メニュー 牛丼 600円 牛丼セット(みそ汁・漬物付) 750円
レポーター 不明
ナレーター 乱 一世
ゲスト 大仁田厚、高見恭子、マルシア
作戦 作戦① バスで食べる“味気なさ”を補う“魅力ある”逸品を出す。
    “素人づくし”の現行メニューを“全廃する。
    1人前“5分以内”で仕上げる“合理的なメニュー”を考える。
作戦② “待たせないで乗れるバス”を売り物にする。
    “集客の限界”をスピード=回転率”でカバーする。
    “長い車内”を最大限に生かす“カウンター”を活用する。
作戦③ “世界に通じる”丼の王様“牛丼”専門店にする。
    “安い・早い・ウマイ”の三原則を超えた“スペシャル牛丼”を完成する。
    “利益率ギリギリ”の歯ごたえのある“和牛”でチェーン店と差別化する。
現状 閉店

貧乏状況

月の収入

売上げ10万円

合計10万円


月の支出

仕入れ10万円

光熱費5万円

返済5万円

合計20万円

月の赤字  10万円

店主

使い勝手の悪いバス居酒屋。

離婚して、再婚して、バスで居酒屋。

達人

スタジオ展開

その後のお店



【広告】
明里つむぎ 夕美しおん


【こちらの記事もどうぞ】