#0080 00/01/17 バンサンク

    <ins class="adsbygoogle"
        style="display:inline-block;width:728px;height:15px"
        data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"
        data-ad-slot="4242618845"></ins>
    <script>
        (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
    </script>
</div>

-->

    <ins class="adsbygoogle"
         style="display:inline-block;width:468px;height:15px"
         data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"
         data-ad-slot="7196085249"></ins>
    <script>
        (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
    </script>
</div>

-->

    <script async="" src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
    <ins class="adsbygoogle" style="display:inline-block;width:320px;height:100px" data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"  data-ad-slot="6025544042"></ins>
    <script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});</script>
</div>

-->



概要

店名 洋食「バンサンク」
番組サブタイトル 捨てられるかプライド人生 ひらきなおり洋食屋心の源流を求めて
場所 名古屋市中川区中島新町3-2505
達人 リストランテ・マイストロ 守安正男
修行メニュー カツレツ
ナレーター 乱 一世
ゲスト 不明
作戦 作戦① “きどったフランス料理店”から“うちの街の洋食屋さん”へ変身。
“奢り”や“傲慢”をさっくり衣で包み込む。
“思いやりの心”をしっとり素材に織り込む。

作戦② “大地の恵み”と“大海の恵み”が奏でる協奏曲の逸品を制作する。
“大地のリンゴ”と言われるジャガイモの触感を生かす。
“大海が育んだ”旬の食材スズキを合わせる。

作戦③ 家族の原点&心の源流に立ち返る。
店にも客にも料理にも“愛情の心”で接する。
一枚のフライパンが妻・子供たちの“幸せな笑顔”を生む。
現状 閉店

貧乏状況

たった10年のフランス料理修業で繁盛店が出来るほど、人生甘くない。

安っぽいプライドで借金増やして、材料も買えないフランス料理店。

月の収入 売上げ20万円。

月の支出 仕入れ11万円、光熱費7万円、店家賃15万円、返済10万円 合計43万円

月の赤字  23万円

借金総額  約1,600万円

達人

達人守安正男は1947年生まれ。の経営するリストランテ・マイストロ(Ristrante Maistro)は、四谷地区の再開発のため2015年9月に閉店。そのかわりに2016年新百合ヶ丘(川崎市麻生区金程2?12?16)にリストランテ・マエストロ(Ristrante Maestro)をオープン。広尾にも「マエストロ・ディ・タボーラ」がある。



【広告】
明里つむぎ 夕美しおん


【こちらの記事もどうぞ】