#0090 00/04/17 味楽留

    <ins class="adsbygoogle"
        style="display:inline-block;width:728px;height:15px"
        data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"
        data-ad-slot="4242618845"></ins>
    <script>
        (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
    </script>
</div>

-->

    <ins class="adsbygoogle"
         style="display:inline-block;width:468px;height:15px"
         data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"
         data-ad-slot="7196085249"></ins>
    <script>
        (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
    </script>
</div>

-->

    <script async="" src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
    <ins class="adsbygoogle" style="display:inline-block;width:320px;height:100px" data-ad-client="ca-pub-4757267751296256"  data-ad-slot="6025544042"></ins>
    <script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});</script>
</div>

-->

概要

店名 味楽留
番組サブタイトル 極貧ギョーザ店を救済せよ!
場所 東京都北区赤羽西1-2-13
達人 「四五六菜館本館」山口哲和
修行メニュー 餃子&ラーメン
ナレーター 乱 一世
ゲスト 片岡鶴太郎・香坂みゆき・山瀬まみ
作戦
作戦1 凍えた心に温故知新を問う
職人暦28年の原点を探す戦いを挑む
己の技・味・心、全て無の状態から見直す
作戦2 「中華街の鬼」に対峙し、餃子の真髄を極める
一流中華職人の腕が作る具材を作る
一流中華職人の技が生む皮を学ぶ
作戦3 噂が噂を呼ぶ「餃子の旨い店」に生まれ変わる
何皿でもイケる肉汁のつまった味で勝負する
100%手作りの真心餃子に未来を託す
現状 2004/02閉店

貧乏状況

店主

たかさん。

餃子作り28年というので、多分高校を卒業して中華料理一筋で修行したのだろう。49歳にしてはじめて念願の自分の店を持つが赤字続き。6人兄弟の長男としての矜持もあり頑張ってきたが、気がついたら独身。

修行&達人

一般人による味チェックでは、皮が硬い、インパクトがない、スカスカなどと叩かれ、冷凍餃子より低評価。

スタジオ展開

その後のお店

その後で、餃子を焼くときにごま油を加えているのが達人にバレて再修行。さらに2003/1 元旦SPで、みなみちゃんと一緒に「てつや」で味噌ラーメン修行。

一時はネットで餃子販売を画策している時もあった。ドメイン名はgyouzaya21.comだった。

大きめの餃子はなかなかおいしく、実はチャーハンが美味しかった。ご主人は、番組に出て地元の常連が離れてしまったのが辛かったと言っていた。

こちらの訪問録もご覧ください。http://ainobinbo.com/fieldwork_tokyo_binbo3


【広告】
明里つむぎ 夕美しおん


【こちらの記事もどうぞ】